任意整理とは|自己破産でいいの?

任意整理とは|自己破産でいいの?

任意整理とは

 

「任意整理」というのは債務整理の一つの手段で、簡単に言ってしまえば裁判所などの公的機関を通すことなく、債務者と債権者の話し合いで毎月の支払いや利息を減らし、借金額をそれまでより減らすことをいいます。

 

任意整理の最大の特徴といえるものは、利息の削減です。
「利息制限法」というものがあり、その名の通り利息の上限を定めている法律があるので、金融業者に借りた際に本当は支払わなくてもいい利息の分を元金の返済に当てたり、任意整理によってその後の利息をカットするという約束をかわして分割返済を行うことができるようになるので、返済計画がより容易になり、返しやすくなると共に現実的な返済の計算が可能になります。

 

債権者本人でも交渉さえできるならば任意整理はできますが、弁護士に依頼するとメリットがあります。
債権者は推移を見守るだけでいいですし、弁護士は金融業者などに「受任通知」を発送することで和解成立まで支払いをストップさせることができるので、返済に困っている人には大きな利点といえるでしょう。

 

自己破産や民事再生は裁判所を通さないといけませんが、任意整理は裁判所を通さなくてもいいので手続きが容易であり、官報にのることもありませんので人目も気になりません。

 

ただ、任意整理はあくまでも借金総額を減らすことが目的なので、返済する義務が消えるわけではありませんから、利用する人を選ぶものともいえます。

 

任意整理か自己破産か

 

任意整理も自己破産もどちらも債務整理の一種ですが、根本的な違いがいくつもあります。

 

自己破産でいいの?債務整理の種類

 

まず、自己破産は裁判所に申し立てて、すべての債務の返済を免責してもらう手続です。つまり、借金の額を0円にしてもらうことが最終目的になっています。そして、すべての手続きは裁判所の規定に則ります。

 

一方、任意整理はあくまでも債務者の任意で行うものであり、どのような手段で行うか、どのような結果を求めるかは債務者の自由です。

 

また、自己破産の場合はすべての債権者を対象とし、平等に扱うことが前提となります。従って、勝手に一部の債権者に意図的に返済をすると、罰則を受けることになります。しかし、任意整理なら、債務整理をしたい債務だけを選んで行うことができます。

 

それと、最も違うことが自己破産は一部の生活費や家財道具を除き、すべての財産を失うことです。財産はすべて換価されて債権者に分配されることになります。任意整理では財産を保有した状態で整理を行います。

 

さらに、債務整理後の影響も全く違っており、自己破産をするとキャッシングやクレジットーカードの利用ができなくなりますが、加えて、信用情報機関にブラックリストとして登録されるため、5年~10年は信用取引が一切できなくなります。債務整理は信用に影響を受けることはありません。

 

自分はどの方法で債務整理をしたらいいか迷っている方は、一度無料相談窓口を活用することをおすすめします。
相談は24時間265日、メールで無料で相談に乗ってくれます。

 

弁護士法人サンク総合法律事務所
⇒弁護士法人サンク総合法律事務所に無料相談してみる

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事