自己破産したらみすぼらしい?

自己破産したらみすぼらしい?

自己破産したらみすぼらしいですか?

自己破産したら、まず財産を処分する必要があります。99万円を超える現金と20万円を超える財産が処分の対象になります。そのため、家や車を失うことが多いです。しかし、車の場合は古いものでは時価が20万円を下回ることもあり、この場合は残せます。また、財産の処分は破産者本人だけであるため、家の名義が家族であり、保証人になっていなければ処分されません。
自己破産したら個人信用情報機関のブラックリストに登録され、7年から10年間は記録が残ります。この期間はクレジットカードを作成しようとしたり、ローンを組むことが難しくなります。これも影響を受けるのは本人だけであり、家族は利用できます。また、中小の消費者金融であれば、自己破産の記録が残っていても現在の収入に問題がなければ利用できることがあります。
自己破産したら、免責が確定するまでの期間は一定の職業に就くことができない資格制限があります。これは一時的なものであり、この期間が過ぎれば制限を受けません。その職と関係なければ全く影響しません。ただし、その職に就いている状態で自己破産すると職を失う可能性もあるので注意が必要です。
自己破産したら必ず債務が免除されるわけではないことにも注意します。前回の免責確定から7年以内であったり、債務の原因がギャンブルなどであるなど、免責不許可事由に該当している場合、免責されずに債務が残ることがあります。免責された場合でも、滞納している税金、重大な過失や故意による賠償債務については残ります。

 

自己破産のデメリットまとめ

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事