自己破産は浪費・ギャンブルが理由で出来ます?

自己破産は浪費・ギャンブルが理由で出来ます?

自己破産は浪費・ギャンブルが理由で出来ます?

債務整理の方法はいくつかありますが、特に有名な方法としては自己破産があげられます。
他の債務整理では借金はかなり減額されるものの、すべてなくなるというわけではなく、減額された借金を返済していく必要があります。
それに対し、自己破産の場合は返済能力がないと認められるとすべての借金の返済義務はなくなります。

借金ができる理由は人それぞれあり、病気や生活苦などもありますが、浪費やギャンブルで借金が増えてしまうということも少なくありません。

そして、自己破産を行う場合でも、いつでも免責がおりるというわけではなく、場合によっては免責がおりない場合もあります。
破産法では借金の原因が浪費やギャンブルである場合は免責の許可をしないことが記されています。では、このような場合は自己破産ができないのかということとなりますが、必ずしもそうというわけではありません。
破産法ではは借金の原因が浪費やギャンブルであっても、その他一切の事情を考慮して免責を決定することができることも記されています。

この決定は裁判官が行うこととなりますがそれぞれの借金ができてしまった経緯や借金の総額に対するギャンブルでの借金の割合がどれぐらいなのかなどでも判断は変わってきます。
こうした問題は個人の力だけで対応するのは難しいこともありますので、まずは弁護士などの専門家に相談し、自己破産が行える状況であるか確認してみると良いでしょう。
さらに自己破産以外にも借金が解決できる方法が見付かる場合もありますので、解決に向けて行動していきましょう。

 

自己破産するのに条件はありますか?

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事