自己破産の費用を安くする方法

自己破産の費用を安くする方法

自己破産の費用を安くする方法

 

自己破産費用を安く抑えたい方は、
弁護士事務所の無料相談を活用することをおすすめします。
総合的に見るとおすすめは樋口総合法律事務所

 


⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-288-394

 

 

闇金問題対応可で初回相談無料の弁護士事務所は岡田法律事務所

※場合により受け付けられない可能性もあり。要相談。

 


⇒岡田法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-863-673

 

 

 

上記の岡田法律事務所では扱うことができない闇金問題もあり。
確実に対応して欲しい場合はこちらのウイズユー司法書士事務所がおすすめです。

 


⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

ヤミ金対応歓迎
ヤミ金業者相手でも確実に対応してくれることに加えて、
相談料無料全国対応後払いや分割払いも可能と好条件が揃った司法書士事務所です。

 

 

 

債務整理、手続費用はどのくらいかかる?とりあえず知りたい…

そんな方は気軽に試せるこちらのシミュレーターを使ってみてはいかがでしょうか。


⇒匿名で無料診断してみる

 

名前、住所など必要ナシの簡易無料診断です。
自分の債務整理にかかる費用などがわかります。

 

 

自己破産とは?

 

お金を借りた人が、自分の能力によって債権者に弁済できなくなった場合に裁判所に申し立て、全財産をお金に代えて債権者に配当する代わりに、その後の返済を免除してもらう手続きが自己破産と言われています。

 

自己破産の方法※具体的な流れとその後

 

財産のない人は申し立てと同時に手続きが終わり、短い期間で免責を受けて返済が免除されます。
日常生活には殆ど影響がなく、破産による不利益はあまり大きいものではないようです。
自己破産の場合、99万円以下の現金は自由財産と認められていて、明日からの生活に困るということはありません。
また、破産しても生活は保障されますから、生活に最低限必要な衣服、家財道具、日用品、食料品等は確保できます。
ただ、マイホームは手放さなくてはなりません。財産がある場合は管財事件と呼ばれる処理に入ります。
この手続きは自分でやるほうがコストも掛かる場合もありますし専門的な知識が必要となりますので、弁護士に依頼すべきでしょう。

 

一方同時廃止事件と呼ばれる、財産がなかった場合の処理は頑張れば自分でできなくもありません。
ただ、債権者や裁判所と直接交渉しなければならないため、相当の専門知識を身につけてから望むのが懸命です。

自己破産は自分でできる?

 

弁護士に依頼する場合は以下の流れで手続が進みます。
自己破産の一般的な流れ・・

借金総額から返済期間まで取引のあからさまをすべて伝える。

専門家に電話やメールで問合せ・秘密は厳守されます。

所轄の地方裁判所に破産・免責を申し立て

この場面は、必要な書類が多く複雑ですから、弁護士などの専門家に任せることです。

裁判官との面接
もう一度裁判官との面接・破産の決定が下りてから、審尋
免責決定

これにより全ての借金(税金等1部は除く)はなくなります。

 

自己破産相談の費用

 

自分のケースが管財事件か同時廃止事件かわからないなどわからないことがあれば、相談費用が無料のところを活用しましょう。
無料相談で専門家によくよく話を聞いてもらうと、自己破産以外の債務整理で済む可能性もあります。
メール・電話相談なら無料ですし、頭のなかも整理できるいい機会ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの自己破産の無料メール相談窓口

 

自己破産にかかる費用は、どの事務所に依頼するかや、借金の状況により違うので今回は自己破産に必要な費用の相場をご紹介します。

 

自己破産費用の相場

自己破産費用の総額 = 弁護士費用 + 自己破産手続き費用

自己破産に必要な費用はおよそ上のように、法律事務所に払う弁護士費用と、自己破産の手続にかかる費用に分かれます。
かかる費用はケースによって違いますが、40万円~80万円が自己破産費用の相場と言われています。

 

自己破産の弁護士費用

弁護士費用は、事務所ごとに違うため一概には言えませんが、だいたい50万円前後が相場と言えます。
これから自己破産する人にとってもかなり高額ですが、自己破産の免責が認められ借金がなくなった後に分割払いできることも多いので、依頼する事務所にあらかじめ相談するのが良いでしょう。

 

自己破産の手続費用

自己破産の手続にかかる費用には、収入印紙代や切手代も含みます。しかし、そのほとんどは、保有している財産の確認を行う管財人に支払う費用になります。
そのため、管財事件かどうかでかかる費用が大きく変わります。
管財事件として扱われる場合、費用は30万円前後必要になります。

 

管財事件になるかどうかは保有している財産がカギ

管財事件になると、保有している財産を細かくチェックして、換価して債権者に分配できるかを判断するので時間も費用もかかります。
財産を持っている場合でも、裁判所によっては必要な費用を抑えるために少額管財という方法で手続きすることもあります。
一方で債権者に配当できる財産がない場合には、同時廃止となり、かかる費用も期間も少なくすみます。

 

東京地方裁判所の少額管財の裁判所に支払う費用が原則20万円なので、この20万円を払えるかどうかが1つの基準となっています。

実際に、どちらとして扱われるかは担当する地方裁判所が決定します。
管財事件となるような財産を持っていないということをしっかりと分かってもらうためにも、自己破産の申請書類作りや手続は弁護士などの専門家に任せることをおすすめします。

 

費用をおさえてヤミ金問題を解決したい方へ

 

 

ヤミ金は1度利用してしまうと、とことんこちらが利用されてしまうので、事前になんとしても通常の消費者金融と見分けておきたいですね。
しかし、一体どうやって見分けていくのが良いのでしょうか?見分け方はいくつかあります。
その中で1番簡単だと思われるのは、業者の連絡先を見ることです。
ヤミ金の場合、実は連絡先に携帯電話を使っていることが非常に多いです。
電話番号を見ればすぐに分かりますから、これは非常に分かりやすい見分け方だと思います。
通常の消費者金融はまず携帯電話を使って連絡したりするということはありません。
でも、どうしてヤミ金は携帯電話を使って、連絡しようとするのでしょうか?
それは身元がばれないようにするための配慮で、通常は他人名義の携帯電話を入手して、それを使っています。
身元がバレて逮捕されてしまうというのが1番避けなければいけないことですから、他人名義の携帯電話等で連絡をすることが常套手段になっています。
しかし、そういったことに気付く前にもしヤミ金を利用してしまったら、素直に弁護士の方に相談して、事態の収拾を図った方が良いと思います。
ヤミ金から抜け出せるように親身になって相談に応じてくれますから、まずはプロに任せてみましょう。

 

闇金問題の相談費用が無料の事務所はこちらから。

ヤミ金問題に対応している無料相談窓口

 

 

「相談」が解決の第一歩

 

 お金のない生活が続き、返済の目処がなく、毎日が不安でした。毎日絶望的な気分なのに精神的に緊張していて、気持ちが休まる時がなかったです。借金問題は、ひとりで抱え込まず、専門家にすみやかに相談するほうが家族に心配かけることも減るし、大切だと思います。

 

 そんなある日、借金返済について法律に詳しい弁護士事務所に相談したら自己破産をすることをおすすめされました。ただし自己破産するためには「どんな経緯で借金ができてしまったのか」が大事です。そのため、私の場合、自己破産は適用されないかもしれませんが、自己破産の他にもいくつか解決策があります。自己破産とは、債務性の中の1つの方法で、他にも任意整理、個人再生などがあります。借金の金額によっては司法書士に依頼すると弁護士費用より安い支払いで解決することができます。

 

 最初はメールで連絡をとってみました。その後、初回相談であれば無料で対応してもらうことができるというので、現状を報告しながら依頼するならかかる費用や、着手金、手続き、報酬額、裁判所のことなどわたしの場合、実際にかかる金額や総額について伺う事が多かったです。その他にも過去に自己破産ている人の体験談を知ったり、自己破産後の財産のことなど、事前に手続きを始める前からから具体的な流れなど確認できたのは無料相談を利用したメリットであると思います。今まで他人事だと思っていた話題だった分、いざ当事者となると身にしみてわかったことや、自己破産後はどのように賢明に過ごしていくかやるべきことがわかってきました。

 

 それから、わたしが借金を抱えた経緯は、ギャンブルとカードローンです。カードローンにてすぐキャッシングできたので、経済力もないのに浪費することが多く、お金が無いなと思ったらギャンブルでお金がない事実を忘れたくて気を紛らわせながら、お小遣い欲しさに散財してました。気がつくと金利のこともあっていつの間にか自分だけでは対処出来ない現実を知りました。闇金を利用するのも選択肢の1つだと思いましたが、きっともっと返済ができなくなると思い、法律事務所を頼りに今回、自己破産手続きを進めるに至りました。ギャンブルで作った借金は自己破産できないとよく聞きますが、必ず何か解決策はあると思って借金の悩みを早く解決したいと思います。

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!

⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事