自己破産にかかる期間はどのぐらい?

自己破産にかかる期間はどのぐらい?

自己破産にかかる期間はどのぐらいですか?

会社を経営していて採算が悪化して改善の可能性がないとか、あるいは、個人であっても、借金が多くなりすぎて返済のめどが立たないというときには、最終の手段として残されている手続きが自己破産です。
自己破産というと、ネガティブな印象が先行していて、忌避したがる人が多いようです。
しかし、夜逃げや自殺に比べれば、はるかにマイナスの影響は少なくて済む手法なのです。
自己破産によって免責を得ることができれば、自身の借金や保証人としての義務や今までの滞納家賃なども、すべて支払いが免除されるのです。
もちろん、自分の持っている財産の中で手放さなければならないものもありますが、生活で使う家具や家電、期間が経過した自動車は、破産後もそのまま保有できるのです。
世間では誤解している人がいて、自己破産をすると、戸籍に記載される、選挙権が奪われる、キャッシュカードを所有できない、などと言う人がいますが、事実無根です。
自己破産に関しては、公的には、官報と本籍地の市区町村が発行する身分証明書に、記載されるだけです。
官報は一般の人が日常的に見るものではありませんし、役所の記録は守秘義務が課せられていますので、公開されることはありません。
また、およそ7年間程度は、新たに借金をしたりローンを組むことが難しくなりますが、その期間が終了すれば問題ありません。
自己破産の手続きがすべて完結するのに要する期間は、平均的には3カ月から6カ月程度というのが一般的です。
借金の返済に窮した時の対応策として、自己破産というのは有力な選択肢の一つになります。

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事