自己破産するのに条件はありますか?

自己破産するのに条件はありますか?

自己破産するのに条件はありますか?

裁判所から自己破産の手続きを行う決定を受けるために必要な条件は2つ存在し、両方とも満たしていなければ裁判所から破産手続開始の決定が出ず、自己破産のための手続きが行われません。
第一の条件は、裁判所が申立人に破産手続開始の原因が存在すると判断されることです。破産手続開始の原因とは、裁判所が破産手続を開始するための条件のことで、破産法によって明確に規定されています。破産法では、破産手続開始の決定を出すための条件として、抱えている債務を継続して弁済ができるだけの財産を保有していない「支払不能」と呼ばれる状態になっているか、資産を換価等で完済できないほどに負債が超過している「債務超過」と呼ばれる状態になっていることが必要とされています。個人が自分自身で行うことができる自己破産の場合、裁判所では専ら支払不能の状態に陥っているかどうかで判断されています。
第二の条件は、破産障害事由が存在しないことです。破産障害事由とは、破産手続開始を妨げる要因のことを指します。例えば、申立人から一連の破産手続を行うための費用の予納が無い場合、申し立ての時点で他の倒産処理手続が行われている場合、不当な目的で申し立てが行われた場合などがこの要因に該当します。
なお、破産手続が始まった後に他の倒産処理手続についての申し立てが行われた場合は、裁判所は破産手続を中止し、そちらの倒産処理手続を優先します。逆に、他の倒産処理手続が不調に終わった場合は、裁判所の方で申立人からの申し立てを経ずに破産手続開始の決定を出すことがあります。

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事

自己破産するのに条件はありますか?記事一覧

自己破産は企業や投資をしている人などがする物だというイメージだった昔と比較をして、最近では主婦も自己破産の手続きをしている人が多くなりました。主婦でも気軽にお金を借りることができるようになった分、返済に困るという人も多くなっています。借りる時は気軽に借りることができても、主婦の場合はご主人に内緒で借りている場合が多くあるので返済をすることができずに自己破産という事になってしまいます。カードなどで借...

大学や専門学校に、進学をする際に学費や生活費として奨学金を利用する人はとても増えています。何年も、景気の動向が悪く内定率も安定しないのが今の日本です。アベノミクスが、景気のを上げていると言われますが現実には大手の企業のみ恩恵を受けているように感じています。その影響から、自己破産をする人が増えています。奨学金を、社会人になる前に借りることは社会人のスタート時からマイナスになると問題になっています。奨...

債務整理の方法はいくつかありますが、特に有名な方法としては自己破産があげられます。他の債務整理では借金はかなり減額されるものの、すべてなくなるというわけではなく、減額された借金を返済していく必要があります。それに対し、自己破産の場合は返済能力がないと認められるとすべての借金の返済義務はなくなります。借金ができる理由は人それぞれあり、病気や生活苦などもありますが、浪費やギャンブルで借金が増えてしまう...

返せない借金を解決する為の法的手続きである自己破産ですが、検討の際に気になるのが無職である場合です。金融機関などから借入を行った時点では職に就いていたものの、その後何らかの事情で無職となってしまい、返済が困難となってしまったという人も少なくありませんが、一般的に無職では金融機関から借入ができないケースが多い為、自己破産もできないのではないか、というイメージを持っている人も多くなっています。しかし、...