自己破産に時効があるって本当?

自己破産に時効があるって本当?

自己破産に時効があるって本当?

自己破産をするとブラックリストに掲載され、7年から10年の間は新たな融資を受けたり、クレジットカードを作ることが出来ないと言われています。
この7年から10年と言うのが、自己破産における時効でもあり、時効が過ぎるまでの間は借金をしたりクレジットカードを作ることが出来ないのです。

ブラックリストと呼ばれるものは、インターネットの中でも目にすると言う人は多いものですが、ブラックリストと呼ばれるリストが有るのではないのです。

自己破産は裁判所を利用して手続きを行う債務整理です。
他にも個人再生なども同じなのですが、裁判所での手続きを行う事で国が発行する情報誌でもある官報に裁判所での出来事が記録されることになるのです。

お金を借りる時の審査では信用情報機関が管理をしている個人信用情報を利用して申し込み者の信頼性を確認するのですが、自己破産などの官報に掲載された情報と言うのは、国内にある3つの信用情報機関の中で共有化がされているのです。
そのため、どの信用情報機関でも自己破産をした事実を知ることが出来ると言う事で、審査を行う金融機関も当然その情報を入手することが出来る事からも、ブラックリストに掲載されることで審査に通らなくなるのです。

尚、時効は7年から10年と言われているのは、3つの信用情報機関がそれぞれ異なるものであり、記録が残されている期間が異なるからなのです。
そのため、1つの信用情報機関の情報が消滅しても、残りの2つの信用情報機関が自己破産の記録が残されていればお金を借りることが出来ないと言う事なのです。

自己破産をする前に!

よくある債務整理の疑問・お悩み
  • 過払い金の有無を調べたい!
  • いきなり弁護士に相談するのはちょっと…
  • 借金をいくら減額できる?
  • 月々の返済額はどれくらい?
  • 最適な債務整理って、どう調べるの?
  • 自己破産以外で解決する方法は?

どれも診断シミュレーターを使えば全部解決出来ます!

やり方は5つの簡単な質問に答えるだけ!
法律事務所が運営するシミュレーションでなので、安心して利用できます。

⇒匿名・無料のシミュレーターを試してみる!

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!
東京ロータス法律事務所
⇒東京ロータス法律事務所に無料相談してみる

>>2位以降のランキングはこちら

よく一緒に読まれている債務整理の記事